女性のハイヒール速度「徒歩1分=80m」?不動産広告にみる距離・時間の表示のこと

今週は「不動産広告を見る時知っておく事」がポイントです。

前回は不動産情報にみる「面積」の事でしたが、今回は物件の「距離」の事。

不動産資料に駅から○mとか、○分とか、学校から○mとか記載されているのを見る事ありますよね。

物件探しの時結構、
 ・最寄からの距離
 ・所要時間 
を重視で決定しようとする事ありますね。
あれって不動産屋が実際歩いて計っているわけではないです。

不動産の表示に関する「公正競争規約」による、

徒歩1分=80m

っていう、物件情報を掲載する際の共通ルールがあるんです。

基準は何かって?

昔先輩から教えてもらった話で真偽は不明ですが、
女性がハイヒールを履いて歩いた平均の分数」から徒歩1分=80mという基準ができたとも言われています。

《ポイント》
①    徒歩1分=80m (1分未満で80m以内でも徒歩1分と表示)
②    直線距離ではなく「道のり」、1分未満は切り上げ
③    信号・踏み切り待ち・歩道橋などの「上り下がり時間」は入りません。
④    駅や大きい商業施設・学校等(広い敷地の目的地の場合は、出入り口ではなくて、一番近くの敷地部分まで)

ちなみに、よく不動産広告で目を引くアピールポイントで「駅近物件」って、ありますよね?
物件っていうものは、駅からの距離が物件の売却価格に関係しているからです。

物件価格は「駅近」だけが大事な要素ではありませんが、都会の場合は特にはっきりしていています。
駅から距離(所要時間)5分づつ増すごとに物件の㎡単価がおおよそ7%~15%位の間で下落して表示される場合があります。
駅からの距離(所要時間)により平均㎡単価に開きがあるということです。


静岡の場合(国土交通省「不動産取引価格情報」より)

平均最寄駅からの平均距離(所要時間)13.2分
平均的な間取り3LDK
平均取引価格1,814万円
平均面積72.8㎡
平均㎡単価24.4万円

歩く速度とか、選ぶ脇道によって実際の時間と異なる場合も有るので、真剣に検討する場合は、
自分の足で確かめることが大切です。

では、また来週。