「物件情報の検索」で出会える情報に潜む”大きな落とし穴”

新しい住まいさがし、土地さがし・・・

不動産屋に相談をすると、中古物件の情報や売りに出ている情報などについて「不動産屋の情報ネットワーク」で検索する、あるいは管理会社に問い合わせて、条件に合った情報がないか探す、といういわゆる「物件さがし」が一般的です。

ユーラップ が他の不動産屋と比べてちょっと変わっているところは、上記のような普通の物件探しにとどまらないこと。

住宅探し、土地さがし、新築の検討は人生においてそう何度もあるできごとではありません。

きっと、イメージの中にある素敵な土地、そこでの新しい暮らしのイメージを持たれている事だと思います。

昨今、ネットの普及やスマホなどの情報機器であらゆる情報にアクセスできるようになって便利な世の中になってきました。

住宅情報についても、エリア情報の他に表面に見えるスペック(面積・広さ・交通・価格など)条件をいれて検索してみるとすぐに、業界では「出物(でもの)」と呼ばれる広告対象となっている売り出し中の物件情報がいくらかヒットする事でしょう。

その情報を元に、不動産屋に問い合わせて”似ている条件”で他にないかどうか尋ねるはずです。

しかし不動産屋は、専用のデータベースを参照し「無ければない」と応えることになり、探しておきます、とか情報出るのを待つ、とかそういった対応となります。

類似条件についても”情報を探すこと”が「物件さがし」の行為となっているのは事実。

では、その一連の流れの結果”無い”となっても、
本当にイメージに近い土地というのはこの世のどこにも存在しない」ということになるのでしょうか?

そういったさがし方しかないのでしょうか?

大きな落とし穴の正体

検索したが出てこない、このエリアではその条件の土地が無いです

この判断を鵜呑みにするところにこそ、人を盲目にしている”大きな落とし穴”があるのです。

“大きな落とし穴”にはまって、理想の土地探しを諦めないためにできることはまだあります。

その方法や諦めないでいい理由については、下記の<参考>をご覧ください。
ぜひ一度、お気軽にユーラップへご相談ください。

<参考>
ユーラップ の考える「土地さがしのオーダーメイド」