「自然の中で、のんびりした暮らし」理想の土地を探す方法とは?

ユーラップが活動の中心としている吉田町・藤枝市・牧之原市・島田市周辺のエリアでは、茶畑はもちろん、田畑や山林が豊富で、さらに駿河湾を抱き海も近いため「自然の中でのんびりした暮らし」「自然を感じるゆったりとした暮らし」をイメージする人にはうってつけの土地です。

ただ、古くから大きな地主の土地であったり、広大な農地を保有する農家の土地であったり、売りに出たり情報ネットワークに掲載されていないものが多く、ネットで検索しても「物件情報なし」となってしまうことが多いことも事実です。

でも、確かに土地は存在し、イメージする暮らしを手に入れることはできます。

時間と労力で解決する方法…を選びますか?

では、ネットで検索しても出てこない土地情報をどうやって掴むのでしょうか?

自らの足で、希望する地元不動産会社を回って「出物以外にこんな条件の土地ない?」と聞いて回るのも一つの手でしょう。

そうです、
”理想の土地を探す方法”解決方法の1つは「時間と労力を使って自分で探す」です。

しかし、土地感もない土地に行って、ネットに情報掲載をしないような不動産業者を足を使って探し出し、飛び込んで聞く・・・こんな営業活動のようなことをしなければ、果たしてイメージの土地の情報は手に入らないのでしょうか?

「地元の情報をよく知っている」という業者は数あれど・・・

「地元情報に強い」という表現には下記A or Bというの2種類の意味があると考えています。

>>>種類A
「地場の不動産業者で、規模も大きく昔からたくさんの物件情報を持っている」こと

>>>種類B
「地元の土地感やどこの誰が土地を売ろうと思っているか、都市開発上の制限があるのかないのかなど、土地の扱いに関する情報を知っている」こと

 

ユーラップ の強みは、この種類Bに特化している(しすぎている)ということ。

ユーラップ が知っている地元情報は、自ら歩いて、聞いて回って、戸を叩いて質問して、交渉して、すっとこの土地で不動産業やってきた賜物で得た「活きた情報」です。

ユーラップで相談に対応する際に上記の種類Aを活用してもなお見つからない時は、
前述したような「時間と労力を使って自分で探す(足をつかって営業活動のようなことをやる)」という作業を、地元の情報に強く、不動産の取り扱い知識を持った専門業者であるユーラップ が代行します。

つまり、
理想の土地をさがす方法”2つ目の解決方法は「ユーラップ に相談する」ということです。

他の不動産業者がなかなか真似できない「土地さがし」

ユーラップ の「土地さがし」は、自社の保有する物件情報から条件に合う物件を探して資料を出して相談者の方と見学に行くというだけでなく、
イメージをお聞きし、条件を聞いて、当てはまる物件情報がなければ「そのイメージに合う場所」に行きます。

自然の中でのんびりした暮らし」をイメージされる相談者様の場合などは、
実際に向かうところは山の奥であったり、小高い丘であったり、小川が流れる田畑の近隣であったり…。

物件情報として出回ってなくとも、取得できる土地がないか、草木が生い茂る荒地のようなところにも分け入って、草木の中に倒れた看板を拾い起こして問い合わせ先を探すことをします。

物件情報はなくても、イメージに合う「海が見える小高い丘」に登り、物件として確保できるかどうかを見ながら、くたびれた看板などが現地で落ちていないかどうかを探します。

看板や問い合わせ先が見つからなくとも、イメージにぴったりくる場所なら、登記情報から所有者を探し出して土地を分割譲渡してもらえないか交渉したり、その土地の特性やモノになるかどうかなどを調査します。

 

ユーラップ は大地主でもなければ社員数が何人もいるような大きな不動産会社ではありません。

出物の物件情報や自社管理の物件を常時大量に抱えている訳でもないですが、ノルマや目標のようなものを達成するために効率化して業務に当たる、という考え方よりも
「信念に基づいてきちんとした仕事をする」ということを優先することが可能です。

だからこそ、他の不動産屋では
 ・手間がってやらない
 ・面倒がってやらない
 ・人件費のことと手間暇を考えると合わないからできない
という理由で真似できない“本来はここまでやるべき”という仕事の本質に向き合った「土地さがし」サービスを実現します。

ちゃんとさがせば見つかる「イメージ通りの土地」

静岡は、茶畑だけでなく「広大で豊かな自然が広がるエリア」です。

都会での土地探し、とは違い、条件やイメージに合う土地は「ちゃんとさがせば」きっと見つかります

吉田町・藤枝市を中心として、東は清水~西は袋井・磐田まで、これまで数々の物件を発掘し、形にして提供してきました。

 

そして相談者の方からいくつもの
イメージ通りの土地をさがしてくれて、ありがとう
という素敵な言葉をいただいてきました。

仲間の不動産業者からは
「ユーラップ って、ちょっとかわってるよね。こんなめんどくさい事、ふつうはやらない」などと言われていることも、今ではユーラップ という不動産業者の個性であり逆に強みと捉えています。

不動産のデータベースだけをどれだけ調べても”こんなところにある土地”は見つからなかった。
そういう“理想の土地探し”から、理想の暮らしづくりをはじめるのはいかがでしょうか?

 

イメージや条件、お持ちの理想の場所や生活のイメージや暮らし方の夢…をたくさん語ってください。

 

ユーラップ は「土地情報を検索する」のではなく“理想の土地探し”をサポートするために「すみたい土地をさがしてくる」のを仕事としています。